計算・数える

認知症予防として効果が高いと言われている二重課題です。

計算をしたり、物の数を数えたりすることで集中力と注意力を鍛えることができます。

暗算で行うことで脳の作業記憶であるワーキングメモリの訓練にもなります。

もし暗算が難しいようでしたらメモを使って大丈夫ですので、 少しずつ練習して暗算で数えたり計算ができるようにしましょう。