【間違い探し】認知症予防に最適な脳トレ問題

左右の画像の中に間違いが3か所あるので、90秒以内にすべて見つけてください。

 

集中力と注意力を鍛える効果があり、見つけた瞬間スカッとすることで老化を防止します。

間違いを探すだけなので知識は一切不要でだれでも楽しめます。

 

問題は全部で4問あるので、全問正解を目指してぜひチャレンジしてみてください。

 

問題

 

1問目

部屋でくつろぐ女性のイラストです。

【間違い探し】認知症予防に最適な脳トレ問題

 

 

2問目

夏の風物詩のイラストです。

【間違い探し】認知症予防に最適な脳トレ問題

 

 

3問目

家事をする女性のイラストです。

【間違い探し】認知症予防に最適な脳トレ問題

 

 

4問目

日本画の力士のイラストです。

【間違い探し】認知症予防に最適な脳トレ問題

 

 

答え

答えは以下の動画で確認してくださいね!

 

豆知識

4問目に日本画の力士のイラストがありましたね。

力士が描かれた絵を、相撲絵(すもうえ)といいます。

江戸時代から明治時代末期にかけて描かれた浮世絵の様式のひとつで、

人気力士の土俵上での取組み、またその日常生活などを描いたもの

を指すそうですよ。

相撲の起源としては、古事記(712年)や日本書紀(720年)の中にある

力くらべの神話などが挙げられ、江戸時代に入ってから全国で定期的に

相撲が興行されるようになったそうです。江戸時代から現在まで、

土俵入り、番付表、化粧廻し、髷、着物、相撲の取組など、

ほとんど変わらぬ姿で残っているそうですよ。

 

こちらもオススメ↓↓


One Reply to “【間違い探し】認知症予防に最適な脳トレ問題”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です