【漢字間違い探し】違う漢字を探す脳トレ問題

表示された多くの同じ漢字の中に1つだけ違う漢字が混じっていますので探してください。

 

向きや大きさが全部バラバラなので難易度はかなり高いです。

集中力と注意力を養われることで認知症予防に効果があると言われています。

 

脳を若返らせるためにもぜひチャレンジしてみてください。

 

問題

 

1問目

【漢字間違い探し】違う漢字を探す脳トレ問題

 

 

2問目

【漢字間違い探し】違う漢字を探す脳トレ問題

 

 

3問目

【漢字間違い探し】違う漢字を探す脳トレ問題

 

 

4問目

【漢字間違い探し】違う漢字を探す脳トレ問題

 

 

5問目

【漢字間違い探し】違う漢字を探す脳トレ問題

 

 

答え

答えは以下の動画で確認してくださいね!

 

 

豆知識

「治」という漢字は、小学4年生で習います。氵(水)+台(やわらげる)=(水を和らげる)です。元は河川の水量・氾濫を和らげる・治めるの意味ですが、政治・病気などにも使いわれます。

「筍」という漢字は、「たけのこ」は成長が速く、約10日間(一旬)で、竹に成長するので、この漢字ができたそうです。

 

 

こちらもオススメ↓↓