【マッチ棒問題】マッチ棒を動かして式を正しくする脳トレ問題

【マッチ棒問題】マッチ棒を動かして式を正しくする脳トレ問題

マッチ棒でできた誤った数式を正しく直してください。
動かせるマッチ棒は1本だけです。

 

どの問題も小学生でもできる簡単な数式なので、ひらめきだけが頼りです。

認知症予防にも最適なのでぜひ挑戦してみてください。

 

↓↓続きは動画でどうぞ↓↓

 

 

こちらもオススメ↓↓

【マッチ棒問題】マッチ棒を動かして正しい式になおす脳トレ問題

【マッチ棒問題】マッチ棒を動かして正しい式になおす脳トレ問題

間違った数式をマッチ棒を動かすことにより正しい式になおす、よく知られているのマッチ棒クイズです。

 

簡単な足し算引き算の問題なので、どなたでも気軽に楽しめます。

動かした後の式を思い浮かべることにより、脳が活性化されます。
集中力も必要です。

 

ぜひチャレンジしてみてください。

 

↓↓続きは動画でどうぞ↓↓

 

 

こちらもオススメ↓↓

【マッチ棒問題】マッチ棒を移動させて数式を正しくしてください

【マッチ棒問題】マッチ棒を移動させて数式を正しくしてください

マッチ棒でできた正しくない数式が表示されますので、マッチ棒を動かして正しい数式に直す問題です。

 

簡単な数式ばかりなのでどなたでも楽しめますよ。

マッチ棒を動かした後の状況を頭に思い描くことで、集中力と発想力を鍛え、脳の老化を防止する効果があります。

 

全問正解を目指してぜひ挑戦してみてください。

 

↓↓続きは動画でどうぞ↓↓

 

 

こちらもオススメ↓↓

【マッチ棒問題】マッチ棒を動かして正しい式にする問題

【マッチ棒問題】マッチ棒を動かして正しい式にする問題

マッチ棒でできた成り立っていない数式が表示されますので、マッチ棒を1本だけ動かして正しい式に直してください。

 

複雑な数式は一切ありませんので、だれでも楽しく取り組めます。

マッチ棒を動かした後の場面を想像し、しかも計算までしなければいけないので、集中力と想像力が鍛えられます。

 

認知症予防に最適なのでぜひ全問正解目指して挑戦してみてください。

 

↓↓続きは動画でどうぞ↓↓

 

 

こちらもオススメ↓↓

【マッチ棒問題】マッチ棒を動かして計算式を正す問題

【マッチ棒問題】マッチ棒を動かして計算式を正す問題

マッチ棒でできた誤った数式が表示されますので、マッチ棒を1本動かして正しい式にしてください。

 

難しい計算はありませんので、老若男女だれでも楽しめます。

集中力と判断力を鍛えるには最適な脳トレ問題です。

 

全問正解を目指して頑張ってください。

 

↓↓続きは動画でどうぞ↓↓

 

 

こちらもオススメ↓↓

【マッチ棒問題】マッチ棒を動かして正しい式にしてください

【マッチ棒問題】マッチ棒を動かして正しい式にしてください

マッチ棒で作られた式が表示されますが、計算結果が成り立ちません。その中の1本のマッチ棒を動かすことにより正しい式に直す問題です。

 

マッチ棒を動かした後の状況を想像することで脳を活性化させます。

認知症予防に最適で、脳を若返らせることができます。

 

ぜひ考えてみてください。

 

↓↓続きは動画でどうぞ↓↓

 

 

こちらもオススメ↓↓

【マッチ棒問題】マッチ棒を動かして正しい式にする問題

【マッチ棒問題】マッチ棒を動かして正しい式にする問題

間違った数式をマッチ棒1本動かすことにより正しい式になおす、お馴染みのマッチ棒クイズです。

 

簡単な足し算引き算の問題なので、どなたでも気軽に楽しめます。

動かした後の式を想像することにより、脳が活性化されます。
集中力も必要ですよ。

 

ぜひチャレンジしてみてください。

 

↓↓続きは動画でどうぞ↓↓

 

 

こちらもオススメ↓↓

【記憶計算】小銭の合計を計算してください

【記憶計算】小銭の合計を計算してください

いくつか表示される硬貨を短時間で覚えてその合計金額を計算する脳トレ問題です。

 

最初は覚える時間は10秒ですが、だんだん短くなり、最後は3秒で覚えないといけません。
難易度が上がっていくことで、脳を非常に活性化させます。

 

認知症予防に最適なので、ぜひトライしてみてください。

 

↓↓続きは動画でどうぞ↓↓

 

 

こちらもオススメ↓↓

【どれがない?】1から30までの数字の中で欠けた数字があります

【どれがない?】1から30までの数字の中で欠けた数字があります

1~30までの数字のうち、1つだけ数字が欠けています。それを探してください。

 

集中力と注意力が必要なので、脳を刺激し活性化させます。

日ごろからこのような問題に取り組むことで認知症を予防できます。

 

脳を鍛えるためにもぜひ挑戦してみてください。

 

↓↓続きは動画でどうぞ↓↓

 

 

こちらもオススメ↓↓

【数字探し】欠けている数字はどれ?

【数字探し】欠けている数字はどれ?

1から30までの数字が表示されていますが、実は1つだけ数字がかけています。それがどの数字なのかを探す問題です。

 

素早く探せるほどスッキリし、脳が活性化されます。

認知症予防にも最適です。

 

知識はいらず、探すだけで脳トレになるのでぜひ挑戦してみてください。

 

↓↓続きは動画でどうぞ↓↓

 

 

こちらもオススメ↓↓