認知症予防と日記

認知症予防と日記

認知症予防と日記

 

認知症になる前段階で落ちる脳機能を集中的に鍛えることは、発症を遅らせるための効果的な方法であるということが分かっています。

 

認知症という病気に至る前の段階では、通常の老化とは異なる認知機能の低下がみられます。

この時期に最初に低下する認知機能が、

1.エピソード記憶

2.注意分割機能

3.計画力

だそうです。

これらを意識して重点的に使い、その機能を鍛えることで認知機能の低下を予防します。

 

今回はその中でも、エピソード記憶の鍛え方に関して書いていきます。

 

 

体験を思い出すことから始める

認知症予防と日記

 

エピソード記憶とは、体験したことを記憶として思い出すことです。

・朝ごはんは何を食べた、

・コンビニで何を買った、

・昨日は誰と会った

などですね。

 

そこでこのエピソード記憶を鍛える方法の一つとして

「日記を書く」

ことの効果をご紹介します。

 

 

日記を書いて記憶力アップ

認知症予防と日記

 

認知症予防として最近注目されているのが、日記をつけることです。

 

日記をつけるために、日々の生活を記憶するために脳が非常に活性化されるそうです。

本屋さんや文房具店では、大人の日記としてコーナーがあるほどです。

 

以下の書籍はいつからでも気軽に始められる日記として、1日に数行書くことからスタートします。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

効く!認知症予防脳活日記 [ 清水啓子 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2020/2/13時点)

 

日記だけではなく、認知症に関する医学的な知識も書かれていて認知症予防として日記を開始するのにはうってつけの書籍と思います。

 

 

日記は書くネタが…と三日坊主になりがち

毎日日記を書き続けることは大変なことです。

2週間継続できたら習慣化する、と言われますが、その2週間の継続すら難しいことです。

これは私自身も経験したことですが、書く内容がない、と思い込んでしまうのです。

 

そこで、私が日記を書き続けるためにしたことを紹介しますね。

 

大切なのは、何を書くか、を明確にしておくこと。

 

外に出ずに1日家でゆっくりしていたからネタがない、などできない言い訳はいくらでもできます。

 

そこで、毎日の天気やニュースなどネタに困らないことを芯にします。

そして、そのときの感情を書くのです。

 

例えば、この記事を書いている2020年2月11日のニュースでは、ノムさんこと野村克也さんが他界したことでした。

この野村克也さんが他界したことに関する感情を書いていくだけでも、立派な日記となるのです。

 

次は、どこ(何)に書こう、などと媒体に悩む方もいると思います。

 

スマホのアプリでも日記が書けるものがありますし、もちろん日記帳に書くのもいいかも知れません。

認知症予防と日記

 

どんな形であろうと毎日継続することが認知症予防となり、エピソード記憶の訓練となるのです。

 

知の種の動画のコメント欄を活用して日記を書いても構いません。

知の種の動画は毎日6時と18時には必ず更新しています。

その時間帯に何をしていたのか、を書き込んでいくだけでも日記になりますよ。

 

今後は知の種のサイト内に日記機能も実装していくことも検討しています。

何事も毎日の積み重ねが大切、とは言いますが、毎日できる環境作りも大切ですね。

 

知の種では記憶を鍛える記憶問題もありますので、コメント欄を日記として活用いただいてもOKですよ!!

 

S子の体験談~山間部で進む老老介護とその地域課題

S子の体験談~山間部で進む老老介護とその地域課題

みなさん、こんにちは!

編集部のS子です!

 

先日、ようやく薄っすら積もるほどの雪が降りました。

こうも降らないと、猛暑や水不足など夏が心配になりますね・・・。

 

 

雪といえば…

私がデイサービスで働いていたころ…。

田舎のデイサービスで、雪が多かった12月。

 

ある朝、認知症のおばあさん(Aさん)の家に送迎で迎えに行きました。

 

Aさんの家は、本当に山の奥で、その日も雪が多く家にたどり着くのも大変なほどでした。

 

 

S子の体験談~山間部で進む老老介護とその地域課題

 

 

いつものように、

 

「おはようございます!お迎えに上がりました!」

 

と玄関に入ると、Aさんがいないではないですか。

 

ご主人と二人暮らしでしたが、ご主人はAさんの認知症状に大変困っておられました。

Aさんは何でも口に入れてしまう、「異食行動」があり、冷蔵庫も炊飯器も、南京錠で鍵をかけて対処しておられるほど症状は重く、介護保険のサービスも様々利用しておられました。

 

そんなAさんがいないではないですか。

家の中は姿がなく…

ご主人と二人で外の雪に目をやる私達・・・・。

 

「まさか、この大雪のなか…外に…。」

 

山の奥で、民家もなし。

山…山…山…の場所なのに、どうしよう…。

 

 

とにかく探しに行かなければ!

と雪をかき分けながら走り出す私。

 

 

と、ふと雪の中を通路のように通った形跡が…。

 

後を追ってみると…

発見!!!!

 

「Aさん!!!!」

 

と声をかけると、

なんと、木に残っていた柿を食べておられました。

 

S子の体験談~山間部で進む老老介護とその地域課題

 

ふぅ~と安堵したことを今でも忘れません。

 

 

Aさんは「あんたもたべる?」と。

 

無事だったのと、拍子抜けしたのと、可愛らしさで思わず笑ってしまいました。

 

 

しかし、今回は、雪が降っていたからこそ、すぐに発見できましたが、

何も無ければ、探すことにも手間取っていたかもしれません。

最悪な事態ももしかするとあったかもしれません。

 

そして、こうして重度の認知症の介護をしているご主人。

 

「老老介護」でもあり、周りのサポートの必要性を改めて感じました。

 

また、山間部で近隣との接触が希薄化している地域ならではの問題、「地域課題」も見えたように感じました。

 

これは10年以上も前の私の体験話でしたが、今の福祉業界では、誰もが支え合う地域の構築など「地域課題」が取り上げられるようになっています。

 

 

S子の体験談~山間部で進む老老介護とその地域課題

 

そういった情報を収集しながら、私生活にいかせていけたらと思うこの頃。

 

そして、自分自身、認知症予や介護予防をしながら、心身ともに活き活きと過ごせるよう心がけることも大切ですね。

 

S子の体験談~山間部で進む老老介護とその地域課題

 

スタッフS子のつぶやき…

スタッフS子のつぶやき…

皆さん、こんにちは。

 

編集担当のS子です。

 

 

今回は、私のつぶやきとして掲載させていただこうと思います。

 

 

病院や、デイサービス、グループホーム、ケアマネジャーの経験から、たくさんの高齢者の方々との出会いをいただきました。

 

スタッフS子のつぶやき…

 

 

 

 

出会いって本当に素敵で、ときに自分の考え方や価値観が変わることもありました。

 

 

 

自分の甘さに気付いたり、共感することの大切さを感じることもしばしば。

 

多くの人生の先輩方と出会い過ごす、とっても楽しい仕事でした。

 

 

また、おいおいストーリーも紹介していこうと思います。

 

 

 

 

以前は「痴呆症」と言われていた言葉は、今は「認知症」という言葉に替わり、そして近年、健康作りや介護予防、そして認知症予防が推進されていますね。

 

 

 

介護保険制度も幾度も改正されており、ますます介護予防が大きく言われるようになってきています。

 

 

「介護予防」とは、要介護状態になることをできる限り遅らせ、また介護状態であっても、軽減や、悪化を予防していこう、ということです。

 

 

そのために、介護保険サービスの取組みはもちろん、本人自身も予防に取り組む必要があります。

 

スタッフS子のつぶやき…

 

 

 

軽運動や脳の活性化で心身ともに状態良く過ごしていきたいですね。

 

そして、小さなことでもいいので、毎日笑って過ごして下さい!

 

 

知の種では、主に認知症予防について配信しています。

 

 

ぜひ動画やプリントで脳を活性化させて下さいね。

 

 

 

次回は、私がデイサービスで経験した事についてつぶやこうと思います!

 

 

高齢者の認知症介護で将来は明るい?!

高齢者の認知症介護で将来は明るい?!|知の種の認知症コラム

高齢者の認知症介護で将来は明るい?!|知の種の認知症コラム

 

こんにちは、看護師5年目のカオリです。

今回のテーマ「高齢者認知症の介護」ついて掘り下げてみます。

 

あなたや身近なご家族が高齢者となると、前とは違うことに気が付くと思います。

それは何でしょうか?

 

そう!

 

今、あなたが思い浮かべた…

 

その通りです!

 

 

記憶が曖昧になります。

 

高齢者では、毎日何かしら探していますよね。

 

高齢者の認知症介護で将来は明るい?!|知の種の認知症コラム

 

実は、この探す行為と認知症は繋がっているんですよ!?

 

なぜ繋がっているのか?

高齢者の認知症の介護について深く掘り下げていきます。

 

 

軽度認知症というのは何?

 

高齢者の認知症介護で将来は明るい?!|知の種の認知症コラム

 

あなたは、何かを取りに向かった時に何を取りに来たのか、忘れたことありませんか?

元の場所に戻って来たら、思い出せた!

そんな経験は有りませんか?

 

現在ではスマホにリストを残したり、タイマーで通知してくれます。

そのように工夫したり出来る時は、生活に支障が無いので全く心配は要らないのです。

しかし、高齢者の場合、工夫していても日常生活に支障が出るほどのレベルでは認知症となり介護が必要になります。

 

では、この生活に支障が出ると出ないの間にあるのが、軽度認知障害(MCI)です。

 

実は、軽度認知障害(MCI)数は、約400万人(2012年時の統計データ)です。

この中から、年間10%~30%の方が認知症を発症しています。

 

その認知症の中で67.6%はアルツハイマー型認知症が占めています。

参考

 

 

アルツハイマー型認知症ってなに?

 

高齢者の認知症介護で将来は明るい?!|知の種の認知症コラム

 

アルツハイマー型認知症の主な症状は、

①ほんの数秒前のことを忘ているのに、大昔のことはリアルに覚えています。

②目的に向けた取り組みを考えることが上手くいかなくなります。

③一つの答えを出すまでに時間がかかります。

④自分が置かれている環境を受け入れて理解することが難しくなります。

 

その他、認知症全般におきる症状は、清潔に関心を持たなくなります。

排泄物に触れるなどの行為があります。

性格が穏やかだったのに短気になります。

徘徊が増え、自宅に戻れなくなります。

妄想、幻覚が起きます。

気分が落ち込みます。

落ち着きが無くなります。

 

これだけの症状が有れば高齢者の認知症は介護が大変な理由がわかりますよね。

 

 

高齢者の認知症介護に携わる家族の負担

 

高齢者の認知症介護で将来は明るい?!|知の種の認知症コラム

 

あなたの大切なご家族は、自分のことがわからなくなっていても、大切な家族のことは覚えていた…。

 

というエピソードは良く聞きますよね。

 

「介護をして良かった。」

 

とあなたがいつか思える日が来ると思います。

 

その根拠ですが、2019年の厚生労働省の文献から引用させていただきます。

 

「認知症の人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域のよい環境で自分らしく暮らし続けることができる社会の実現を目指す。」

 

と、目標が有ります。

 

認知症サポート医師の養成、認知症サポーターの養成などは、2017年から取り組んでいます。

そして、医療関係者、福祉介護関係者など含めた支援チームで認知症患者さんをサポートします。

 

認知症サポーターとは、

「認知症に関する正しい知識と理解を持ち、地域や職域で認知症の人や家族に対してできる範囲での手助けをする人」

とあります。

 

2025年の認知症患者さんは、約700万人になると推測されています。

 

そのため、サポーター人数は1,144万人 です。(2019年3月現在)

2020年の目標人数は1,200万人です。

 

出典:厚生労働省老健局

認知症施策の総合的な推進について (参考資料)
令和元年6月20日 厚生労働省老健局

 

どうでしたか?

高齢者の認知症の患者さんや介護をしているご家族の負担が少しでも軽くなる日が近い気がしますよね。

 

もし家族が認知症かもと思ったら…

もし家族が認知症かもと思ったら…

もし家族が認知症かもと思ったら…

 

歳をとると、身体が思うように動かない、物忘れが多くなった、など不安が増えやすくなります。

それらの不安から精神疾患の病気になる高齢者もいます。

そうならないためには、まずは人間の構造を理解することが大切です。

発達心理学を少し頭に入れておくだけで意識が変わります。

 

人間は高齢者になると自我の統合と絶望、死の準備の時期が来ます。

これは当たり前のことです。

身体が思うように動かなくなる不安から絶望を感じやすくなります。

この不安はエリクソンが考えた発達心理上は当然のこととして捉えます。

発達段階は新生児から高齢者までの8段階あります。

それぞれの段階で直面するワードが異なります。

 

高齢者になりますと自我の統合と絶望、死の準備の時期が来ます。

肉体的・身体的な衰えは万人に平等に与えられ、避けることはできない壁です。

そのような衰えにより様々な機能の低下が生じやすくなってきます。

機能の低下を補うように、これまでの経験や知識、人徳が集大成となっていく時期とも言えるでしょう。

 

物忘れは病気ではない

もし家族が認知症かもと思ったら…

 

物忘れとは、脳の老化であり今日体験したことの一部分を忘れることです。

 

私たちも日常生活で一部分が忘れてしまうことがあります。

一部分を忘れてそのまま放置をしてしまうと記憶の司令塔である海馬が使われなくなり、物忘れが進行してしまうと言われています。

日常生活で忘れがあったとしても、ちゃんと思い出すように頭を使うことを心がけてくださいね。

記憶の司令塔である海馬に刺激を与えることが大切です。

 

認知症の3つのパターン

認知症とは、脳の神経細胞の変形や脱落です。

65歳以上の高齢者の5人に1人が認知症患者と言われています。

 

体験したことを丸ごと忘れてしまうことであり、忘れた自覚はありません。

徐々に進行する怖い病気です。

 

認知症は、アルツハイマー型認知症、脳血管型認知症、レビー小体型認知症と3つに分類されます。

 

アルツハイマー型認知症とは、脳の機能の一部(海馬周辺)が萎縮していくことです。

新しく経験したことを記憶できず、すぐに忘れてしまいます。

今いる場所や、日にちなどがわからなくなり、計算もできなくなってしまいます。

また、徘徊をする症状が多いのも特徴です。

認知症の中で最も多く約50%にもなり、女性に多いといわれています。

 

 

脳血管型認知症とは、脳梗塞や脳出血などによって発症する認知症です。

脳の場所や障害の程度によって、症状がかなり異なります。

そのため、できることとできないことが比較的はっきりとわかれていることが多くなります。

感情の起伏が激しくなったり、手足に麻痺や感覚の障害など神経症状が現れることがあります。

ダメージを受けた場所によっては言語障害などが出る場合もあります。

こちらは比較的男性が多いそうです。

 

 

レビー小体型認知症とは、脳の神経細胞の中に「レビー小体」と呼ばれる特殊なたんぱく質の塊が大脳皮質に広くに現れることで認知症の症状が現れるものです。

実際にはいない人が見える「幻視」や、手足が震える、小刻みに歩くなどパーキンソン症状もあります。

また、時間帯や日によって、頭がはっきりしていて物事をよく理解したり判断したりできる状態と、ボーとして極端に理解する力や判断する力が低下している状態が日によって変動します。

 

もし家族が認知症かなと思ったら…

もし家族が認知症かもと思ったら…

 

前述の通り、認知症といっても、その症状には違いがあります。

これらの認知症ごとの症状の違いに伴い、適切な介護の方法や、周囲の人に望まれる対応も変わってきますので注意が必要です。

そこでもし認知症かな?と思ったらすぐに病院を受診することを心がけましょう。

1.病院で受診

「恥ずかしい」「そんなはずはない」と病院の受診をためらったり、拒否する人が多いそうです。

特に今まで健康に日々を過ごしてきた人ほど、認知症の疑いがあるから病院を受診しようと言われても素直に応じられないのではないでしょうか。

受診を拒否すること自体が認知症の始まりとも言われています。

 

2.役所や地域包括センターへ相談

社会福祉協議会の中に地域包括支援センターがあります。

地域包括支援センターは高齢者の方の相談窓口を基本としているようですが、窓口として病院との連携など方法を模索してくれます。

認知症に携わっている専門家もいますので、病院に行きたがらない当人への説得など周囲を巻き込むことで受診のきっかけになるかも知れません。

 

※状況のメモはなるべく詳しく!

現在起きている問題点、どのような行動を、いつしたのか、などメモ書きでもいいので詳しく記録しておくと受診でも相談でも非常に役に立ちます。

 

2018年4月から国の支援策として「認知症初期集中支援チーム」が全市町村に設置されています。

家族だけで抱え込まず、積極的に相談していくことで、本人の生活自立やストレスの低減を目指すことが大切ですね。

 

 

認知症予防と間違い探し

認知症予防と間違い探し

知の種が制作・公開している認知症予防動画の中でも、間違い探しが1番人気です。

間違い探しは、主に絵などで、2つのものを比較して異なっている部分を探すわけですが、脳の中でどのようなことが行われているのでしょうか。

 

間違い探しvol24|知の種の無料プリント

 

人は、目から入った情報が後頭葉から送られ、記憶と照合された結果が頭頂葉で統合されて、見たものが何なのかを判断し記憶しています。

従って、見たことが無いものは、記憶に留めることは出来ますが、それが何なのか判断することは出来ません。

 

さらに、見たもの全てに対してこの処理が行われているわけではなく、気を払って見たものに対して行われています。

目の前をただ通り過ぎるものが記憶に残らなかったり、残り難いのはこの為です。

 

しかし、視覚と記憶に問題なく気を払って見ることが出来ても、間違い探しは完遂出来ませんよね。

 

注意力と空間認識能力

機能的な問題で次に挙げられるのは、注意の切り替えや分割と空間認識です。

 

認知症予防と間違い探し

 

注意の切り替えとは、何に気を払って見るのか対象物を瞬時に変えていくことを指します。

 

注意の分割は2つ以上の物事に対して、同時に気を払うことを指します。

 

100%の注意をAとBに対して、同時に払うことは出来ず、比率は例えになりますが50%ずつで見るという具合です。

50%で漫然と見比べるだけでなく、その中の違いを探していく部分が注意の切り替えです。

 

 

空間認識は、視覚も含め感覚器からの刺激を統合して空間をきちんと把握出来るか、という部分です。

 

認知症の有無の鑑別では、時計や透視立方体を模写する中で、空間認識やそれを構成するものを抽出できるかテストされます。

上記のことは、特にアルツハイマー型認知症では、初期や進行に伴い発現するもので其々、注意・観察力・理解力の低下、短期記憶障害、失認と言います。

これらは認知症の中核症状で症状そのものである為、アルツハイマー型認知症の方は脳機能的に苦手、若しくは不可能になります。

 

普段意識していないであろう何気ないことが、実は高度な脳機能で処理されているのですね。

 

 

頭の体操で脳機能へアプローチ

 

認知症予防と間違い探し

 

前述した脳機能に対して刺激を与えることは、低下しやすい脳機能にアプローチすることを意味しており、間違い探しは多くの部分に刺激を与えるので、頭の体操として有用で、認知症予防になる可能性が高いと思われます。

 

それ以外の間違い探しの利点は、

1. 特別な物は必要無く思い立ったらその場で行えること

2. 行う上で時間や場所を取らないこと

3. 1人でも行えること

4. 煩雑なルールが無く誰でもできること

5. 難易度を調整出来ること

が挙げられます。

そして、見つけた時の達成感と自信の形成や、その時間を無為に過ごさないことから、退屈をしないのも副産物です。

 

間違い探しをしたくなりませんか?

知の種では、間違い探しだけでも、たくさんの種類を準備しています。

 

 

 

認知症予防の為にも日常的に頭の体操をしたいですね。

視力検査ではわからない「色覚」の老化現象

視力検査ではわからない「色覚」の老化現象

視力検査ではわからない「色覚」の老化現象

加齢に伴い「老化」というものを肌で感じることが増えてきます。

「目の老化」と言われると1番に思い浮かべるのは「老眼」ではないでしょうか。

 

私の知り合いでは、パソコンやスマホをしすぎた影響もあったのか34歳という若さで老眼と診断された方がいました。

 

そもそも老眼とは、目の中の水晶体が固くなり、毛様体小帯がゆるんでも水晶体の厚さを変えることができなくなった結果、近くのものにピントを合わせることができなくなるという「機能的」なものです。

参考「どうして老眼になるの?」

 

 

視力検査ではわからない「目の老化」

「目の老化」は老眼以外にも「色を見分ける力」の衰えがあります。

「色覚」と言われるものです。

 

研究によると、特に光が少ない低輝度では色の見え方の低下など加齢による影響が現れるそうです。

(参考:https://core.ac.uk/download/pdf/59110435.pdf

視力検査ではわからない「色覚」の老化現象

 

私も先日経験したのですが、洋服の買い物で黒と紺の区別がすぐにつきませんでした。

明るいところでみると黒と紺で違いがわかったのですが、陳列棚に並べられた状態では明確な区別がつかなかったのです。

 

この色覚に関しては、以下のページで詳しく解説されています。

 

 

自分の色覚をチェックする

日常生活で不便を感じることが少ないため、色覚の衰えを実感することはあまりありません。

 

しかし、色覚異常が進むと、様々な疾患を引き起こす可能性もあるそうです。
また、日常生活においても高齢者の火災事故や転倒事故につながることも指摘されています。

 

今の自分の色覚がどの程度なのか、色覚テストをしてみましょう!

 

以下の動画で4問正解すればあなたの色覚は優れている可能性が高いですよ。