運転免許認知機能検査対策

運転免許証の更新期間が満了する日の年齢が75歳以上のドライバーは、高齢者講習の前に認知機能検査を受けなければならなくなりました。

認知機能検査は次の3種類から構成されています。

 

1.時間の見当識
検査時における年月日、曜日及び時間を回答します。

 

2.手がかり再生
一定のイラストを記憶し、採点には関係しない課題を行った後、記憶しているイラストをヒントなしに回答し、さらにヒントをもとに回答します。

 

3.時計描写
時計の文字盤を描き、さらに、その文字盤に指定された時刻を表す針を描きます。

 

点数に応じて、

・記憶力・判断力が低くなっている(認知症のおそれがある)

・記憶力・判断力が少し低くなっている(認知機能の低下のおそれがある)

・記憶力・判断力に心配がない(認知機能の低下のおそれがない)

と判定が行われます。

 

検査の結果、「記憶力・判断力が低くなっている」との結果であった場合は、警察から連絡があり、臨時適性検査(専門医による診断)を受け、又は医師の診断書を提出することになります。

認知症であると診断された場合には、聴聞等の手続の上で運転免許が取り消され、又は停止されます。

 

参考:警視庁HP

 

この認知機能検査の練習問題を実際の同じ時間配分で行える動画を公開しています。

試験対策、練習に活用ください。

 

タイトルとURLをコピーしました