[運転免許対策] 交通標識の意味を理解していますか?

75歳以上の高齢者ドライバーが運転免許更新時に義務となった認知機能検査。

その3年に1度の免許更新時以外にも、75歳以上の運転者が政令で定める18種類の違反行為を行った場合には、臨時認知機能検査を受けなければなりません。

 

■臨時認知機能検査の対象となる違反行為18項目
1.信号無視
2.通行禁止違反
3.通行区分違反
4.横断等禁止違反
5.遮断踏切立ち入り等
6.進路変更禁止違反
7.指定通行区分違反
8.交差点右左折方法違反
9.環状交差点左折等方法違反
10.優先道路通行車妨害等
11.横断歩道等における横断歩行者等妨害
12.環状交差点通行車妨害等
13.徐行場所違反
14.横断歩道のない交差点における横断歩行者妨害
15.指定場所一時不停止等
16.交差点優先車妨害
17.合図不履行
18.安全運転義務違反

 

自動車を運転する以上、わからなかった、では済まされませんので、ここで今一度交通標識の意味をしっかりと理解し、日頃の安全運転に活かしましょう。

 

運転免許の試験には欠かせない交通標識の意味を答える問題です。

 

交通標識の画像を表示します。

その標識の意味を4択で出題しますので正しいものを答えてください。

 

ではがんばってくださいね。

 

 

↓↓続きは動画でどうぞ↓↓

 

 

こちらもオススメ↓↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です