【間違い漢字探し】他と異なる漢字が紛れています

ずらりと並んだ同じ漢字の中に1つだけ違うものがあるので探してください。

 

微妙な違いなので難しいですが、見つけられたらスカッとして脳に刺激を与えます。

たとえ漢字を知らなくても間違いを見つけるだけなので、どなたでも脳トレとして楽しめますよ。

 

全問正解を目指してチャレンジしてみてください。

 

 

問題

 

1問目

【間違い漢字探し】他と異なる漢字が紛れています

 

 

2問目

【間違い漢字探し】他と異なる漢字が紛れています

 

 

3問目

【間違い漢字探し】他と異なる漢字が紛れています

 

 

4問目

【間違い漢字探し】他と異なる漢字が紛れています

 

 

5問目

【間違い漢字探し】他と異なる漢字が紛れています

 

 

6問目

【間違い漢字探し】他と異なる漢字が紛れています

 

 

7問目

【間違い漢字探し】他と異なる漢字が紛れています

 

 

8問目

【間違い漢字探し】他と異なる漢字が紛れています

 

 

9問目

【間違い漢字探し】他と異なる漢字が紛れています

 

 

10問目

【間違い漢字探し】他と異なる漢字が紛れています

 

 

 

答え

答えは以下の動画で確認してくださいね!

 

 

豆知識

「廷」という漢字は、平らに地ならしをした所、昔の役人の立ち並んで朝礼をする広い庭や奉行所のある役所を表しているそうです。宮廷や法廷などにも使われる漢字ですね。

「李」という漢字は、韓国や中国の人の名字に使われることが多い字ですね。また、訓読みでは「すもも」とも読み、もともと「スモモ」を意味する漢字でした。

「柴」という漢字かありました。柴といえば、柴犬が浮かびます。実は「シバ」という古語は小さいを意味するそうです。
現代では小さいというよりも、中型犬というイメージの柴犬ですが、昔の日本犬の中では小型だったため、このような名がついたと言われているそうですよ。

 

こちらもオススメ↓↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です